陸での移動

家

パソコンやスマートフォンには、基本的にバッテリーが搭載されています。バッテリーの多くが、リチウムイオン電池を採用しているので、これらの機器を運ぶ時には陸送が選ばれているのです。 というのも、リチウムイオン電池は飛行機に乗せると運行の障害になってしまうケースもあると言われているので、陸送をするように指導が行われているためです。陸送をするべきだというステッカーを荷物に貼って、特別に運送するのが普通なのです。 運送業者の人にリチウムイオン電池が入っていることを前もって伝えておけば、最初から陸送で運んでくれるのでタイムロスが生まれにくくなります。もしも伝えておかなかったときには、一度空港まで持って行ってそこから陸送に切り替えるということもあるので、タイムロスになる可能性もあります。

陸送とは陸上輸送といって陸上を走り輸送することで、車両未登録の自動車やバイクを運転して運ぶことです。 たとえば新しい自動車やバイクを買った時にこの陸送を利用し購入者の家まで持ってきてもらったり、使わなくなった自動車やバイクを車屋さんやバイク屋さん、処分会社などに輸送したりします。 その他に引越しをする際に自分では移動できない自動車やバイクを引越し先まで陸送輸送することもできます。 そして、この陸送を依頼した際の費用は移動距離によって異なってきます。例えば、北海道と東京の距離であれば35000円〜40000円ほど、東京と大阪の距離であれば20000円〜25000円ほど、東京と沖縄の距離であれば60000円〜65000円ほどです。