費用のかかり方

部屋

自動車やバイクといった乗り物を、遠くへ運ぶサービスを陸送といいます。陸送サービスを利用するメリットは安全に自動車やバイクを目的地まで運べるということです。自走させて運ぶ場合には長距離になればなるほど事故のリスクが高まりますし、また走行距離が伸びるというデメリットがあります。 陸送にかかる費用は、近距離でも1万円以上するためある程度の距離を運ぶ場合に有利になります。例えば営業所拠点であれば、東京と大阪であれば2万4千円程度で運ぶことが可能ですし、東京と福岡でも3万5千円程度、東京から沖縄那覇でも6万4千円程度で運ぶことが可能なので、移動中の燃料費や帰りの交通費を考えると陸送を利用する方がお得です。

陸送サービスは、そのサービスによって料金が異なってきます。特に指定された場所から目的地までの輸送の場合には、高額になりがちです。一方で営業所拠点から営業所拠点であれば費用をきわめて低く抑えられます。 これは営業所拠点間の輸送では、トラックやトレーラーなどに複数の自動車やバイクと搭載して輸送されるためです。一方で指定された場所から目的地までは個別のドライバーを用意する必要があるため、費用がそれだけ割高になります。近年は、インターネットにより遠方の場所の人から個人売買などから陸送サービスの需要は増えてきており、特に個人売買に特化している陸送サービスも登場しており、通常の車両輸送だけでなく名義変更とナンバープレート変更を済ませて納車してくれるというものがあります。